読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生団体・サークル・ボランティアに数十個入った"げんき"がお送りする、"本当にやりたいことの見つけ方講座"

宮城県の星、げんきです。 現在法政大学2年。 よく38歳って言われますが、20歳です。 アウトドアやライブ参戦が趣味で、無人島行ったり、ライブに行きます。朝が苦手です。  やってること:100km歩く、教育事業、営業、コーチング、無人島生活…

嫌な自分からお別れする方法①


 
 
 
"自分を変えたい"
 
 
 
って思った時ありますか?
 
 
 
そして、自分を変えると決意したのに、
決意した日から何も進歩していない。
 

 
あなたは、
「俺は変わってやる!」
って思った日から具体的に進歩していますか?
 
 
 
具体的というのは、
あなたの気持ちや姿勢の変化ではなく、

 
 
『客観的に誰がみてもわかる
結果を残しているか』
 
 
 
で見るべきだと僕は思います。

 
 
自分の気持ちや姿勢だけで
変化を語ってしまえば、
 
  

何もやってないのに気持ちだけ
「俺は普通の人より優れてる!」
となってしまい、
 
 

気持ちに油断ができて、
自分のやらなければ
いけないことがおろそかになる。
 
 
 
結果、当人がどれだけ
「俺は普通の人と違うんだぜ!」
と言ったところで、
外から見ればあなたも普通の人になってしまいます。
 
 
 
もし、
自分を変えようと本気で思うなら、
 
 
 
『だれがみても納得できる結果』
 
 
を出してから、
自分が変わったと思った方が
いいのかなと思います。
 
 
 
そうした方が、
普通の人では達成できない結果を
出したことによって
自分に自信を持てるし、
 
 
 
前の自分ができていなかったことが
できるようになってることに気づき、
もっと高みを目指せるようになると思います。
 
 
 
自分が良い意味で変わったことを
知る基準として、

 
 
あなたの目標、
尊敬する人に、
「○○って変わったよね。」
 
 
 
って言われることです。
 
 

もし、周りにそういう人が
いない場合は、
そういう人を見つけられる環境を見つけて、
入ることが先決かなって思います。
 
 
 
第3者からみて、
変わった、成長したと思われたら、
あなたは見事に、進歩しています。
 
 
 
逆に今まで自分の中だけで
自己完結しているのでしたら、
それは努力論を自分の中で肯定してるだけ。
 
 
 
最終的には結果が全てだから。
結果が出たから努力が認められる。
結果を出すまで自分の努力を
褒めてはいけないと思います。
 
 
 
まだまだ自分も
『なりたい自分』に程遠いので、
もっと自分を鍛えないとって思います!
 
 
 
そんな僕は、裏でドMって呼ばれてるらしい(笑
いや、確かにMだけd…(ry

広告を非表示にする