学生団体・サークル・ボランティアに数十個入った"げんき"がお送りする、"本当にやりたいことの見つけ方講座"

宮城県の星、げんきです。 現在法政大学2年。 よく38歳って言われますが、20歳です。 アウトドアやライブ参戦が趣味で、無人島行ったり、ライブに行きます。朝が苦手です。  やってること:100km歩く、教育事業、営業、コーチング、無人島生活…

学生団体に入ってる人に聞きたい事

 

 

『一応、

学生団体に入って

○○しています!』

 

と自己紹介する方がちょくちょくいらっしゃいます。

最近気になることがあってこの記事を書いています。

 

 

今回の記事を読むことによって、

学生団体に所属しているあなたに

一つでも気づきが生まれるでしょう。

 

 

しかし、この記事を読まなかったら、

あなたは学生団体で超超貴重な経験をしたのに、

結局は就職して、一生飯のために働き続ける、

 

ただ、朝まで飲んで授業に出ず、

遊び尽くした大学生と、

同じ生活を送ることになると思います。

 

 

別に、これでもイイと思うなら、

それはそれでイイと思います。

自分の将来は自分で決めればイイし。

 

 

「せっかく学生団体をやってるのに

将来何も役に立たないなんてやだ!」

 

 

そう思うなら是非読んでいただきたいです。

 

 

 

早速質問ですが、

 

『あなたは学生団体で

何か将来の目標ができましたか?』

 

 

僕は、

 

・チームマネジメント能力がついた

・思いやりを持つようになった

・リーダシップが身についた

・コミュニケーションが磨かれた。

 

 

とか、

サークルやバイトでも手に入れられる

ありきたりな答えは求めていません。

 

(ちなみに僕は学生団体入って

以上の能力を手にいれることができただけで

他人と違うオーラ出してる人が大嫌いです。笑)

 

 

また、学生団体や、外部団体に入ると、

 

「人脈が増えた」

 

という人もいますが、

 

「自分が使いこなせない人脈手にして

どうすんの…」

 

というのが僕の考えです。

 

そもそも人脈というのは、

 

「あ、こいつとビジネスやったら

金になるな」

 

と相手に思ってもらうから

できるものです。

 

自分が紹介された人にあって、

名刺渡してfacebook交換して…

それは人脈じゃなくね?と思うのです。

 

 

結構ここまで学生団体をボロクソ書きましたが

ただ単に僕が嫌いというわけではありません。

もちろん、僕も得たことはたくさんあります。

 

 

だからこそ、せっかく外部の学生団体に

入ったのに、ただただ就職するのはもったいないな

と思っているのです。

 

 

それじゃ、今学生団体に入ってるあなたは

今何をすべきか。

 

 

それは、

 

 

『自分の将来を

明確にすることです。』

 

 

僕は学生団体をやってる人こそ

ビジネスを行ってほしいと思っています。

だって学生団体に入ってる時点で

何もしない大学生より行動力はあるから。

 

 

しかも学生団体は外の人と関わることが多いので、

普通の大学生とは次元を超えて

先人の素晴らしい世界に触れることができます。

 

 

そのため、

・将来この人見たくなりたい!

・学校を全世界に立てる!

・社会に革命を起こしたい!

・起業したい!

 

 

というような

普通の人では考えられないことまで

考えるようになるきっかけを

掴めると思います。

 

 

でも、外の世界に

「触れている」

だけではもったいないと思うのです。

 

 

安易にベンチャーに就職するという人や、

ベンチャーインターンに行く人を見ますが、

 

ベンチャーなんて会社の売り上げ保つので精一杯だし、

人がただでさえ足りていないんだから、

ぱっと見自分のやりたいことができる優良企業に

見えてしまうのです。

 

 

しかし、蓋を開けてみれば、

毎日売り上げを上げるだけで精一杯、

朝1から夜まで働きづめ、

 

やりたいこと、買いたいものがあっても

給料が低く、生活を保つので精一杯…

 

 

これであなたの夢が叶うのか?

おそらくあなたも

『その日の飯が食えればいい』

人間になってしまうと思います。

 

 

このことを考えない人が

ちょっと多すぎると思っています。

 

 

立派に夢は語るけど、

その夢に向かってやってることが違ったり、

ただ、中身のない理想論を並べてるんです。

 

 

現実そんなに甘くないです。

 

 

世界で結果を残している人は、

6割は大学の学費、生活費は全て自分で賄っている。

自律、自立してるんです。

 

 

自分の生活でさえ自立できない人は

夢を語る資格なんてありません。

 

 

そんなあなたがやるべきこと、

それが、

 

『将来を明確にすること』

 

 

まぁ要するに口だけじゃなくて

自分一人で稼いでから言ってみろということです。

 

目の前のお金一円すら拾えない人とは

僕は「なんかおもしろいことやろ!」

といわれてもやる気が出ません。

 

社会なんてそんなもんです。

 

 

だから、まず、自分の生活を自分で管理できる、

その前に自分一人で結果を出す。

 

 

あなたが普通の人に成り下がらないように、

絶対すべきことだと思います。

 

 

僕の記事を読んで、

「一人でも成し遂げる力が欲しい!」

と思いましたら、いつでも連絡ください。

 

 

そのために今、僕は動いているのですから。

 

f:id:gengenchang:20161022132823j:plain

f:id:gengenchang:20161022132825j:plain

 

 

広告を非表示にする