読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生団体・サークル・ボランティアに数十個入った"げんき"がお送りする、"本当にやりたいことの見つけ方講座"

宮城県の星、げんきです。 現在法政大学2年。 よく38歳って言われますが、20歳です。 アウトドアやライブ参戦が趣味で、無人島行ったり、ライブに行きます。朝が苦手です。  やってること:100km歩く、教育事業、営業、コーチング、無人島生活…

毎日に刺激が必要な理由


 
 
よく
「げんきは普段何やってるの?」
といわれると、
 
 
「歩いてます。」
 
 
と返すくらい
歩くことが好きな、げんきです。笑
 
 
どんくらい歩くのが好きかというと、
24時間で100km歩いちゃうくらい好きです。
 
(嘘です。大学の入ってる部活の都合上、
意思と関係なく強制的に歩かされます笑)
 
 
歩くことが好きになったのは、
もちろん僕の所属している部活動の影響です。
 
 
 

僕の所属している
ボーイスカウト部は結構変わったことをしています。
 
 
 
夏休みに200km歩いたり、
秋には100kmを24時間で歩いたり、
春には無人島で4泊5日の合宿したり…
 
 
 
通常では考えられないような
『刺激的な』活動をしています←
 
 
 
自分の部活動の説明を人にすると
「なんでそんなことしてるの?笑」
と、百発百中聞かれます笑
 
 
 
でも、僕はこんな
刺激的な活動が経験できて
本当に良かったと感じています。
 
 
 
刺激的な活動と感じることって
自分が体験したことない領域に
チャレンジしているときだと思います。 
 
 
だって、無人島いったり、
大雨の中、24時間で100km歩く活動って、
 
 
 
普段、普通に大学行って、授業行って、
バイトして、友達と遊びに行ってたら
絶対にないことなんですよね。(当たり前ですが笑)
 
 
だけど、
したことがない経験だからこそ、
 
  
 
 
自分の精神的な欠点が浮き彫りになったり、
他人のいいところが見えて、
それを学ぼうと思うし。
何かしら成長が得られるんですよね。
話のネタにもなるし。
 
 
 
僕も普通に大学通って授業受けて
バイトで働くだけの生活だったら、
絶対つまんない人間になってたと思う。
 
 
 
刺激的な経験をしたから
 
『今現在の佐藤元紀』
 
ができたのです。
 
 
 
こんな自分でも、
なんだかんだ今の自分が好きです。
まだまだ足りないことも
山ほどあります。
 
 
 
でも、
 
 

刺激的なことにチャレンジしなかったら
今の自分はできてないし、
自分の成長させるキッカケがなかったと思います。
 
 
 
だから、自分の成長のためにも
常に何か新しいことに挑戦して、
自分に刺激を与えてあげることって
すごく大事なんじゃないかなと思います!
 
 
 
だから
これからも、やったことがないこと
全部挑戦していこうと思います!!
 
 
 
なにか、他人には理解できない
イベントのようなものがあれば、
ぜひ、佐藤を誘ってください笑
 
 
 
今日はここまで!!

 

f:id:gengenchang:20161018150401p:plain

広告を非表示にする